買い物難民の解消のための販売方法

高齢者が増えています。
公共交通機関が充実している都会で買い物難民が増えています。
住宅街の近郊に商業施設がなければ、足腰が弱くなった高齢者は買い物ができなくなります。
また、地方では車に乗れない独り暮らしの高齢者は商業施設に買い物に行けない状況が発生しています。
特に地方は車社会になっているため、公共交通機関は減便されたり廃止されていることが多く事態が深刻になっています。
特に生鮮食品を扱っている小売店は買い物難民となっている高齢者をターゲットにインターネットや電話での買い物サービスを始めています。
ある意味では新しい通販の形態になります。
電話での注文以外にインターネットでサービスを宣伝することで安定した顧客を小売店は得ることができます。
顧客を囲い込むことができれば小売店は安定した利益を得ることもでき、顧客は買い物難民にならずにすみます。
しかし、難点もあります。
通販の形態のひとつのため顧客が正常な判断力があれば支障は出ませんが、認知症などになるとしっかりした注文ができなくなるため、サービスに負担をかける結果になる可能性があるからです。